感動の香箱ガニ炊き込みごはん

新年になって初めてのブログ更新、スタッフこしだです。
みなさま、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

昨年末に加能ガニと香箱ガニをたくさんご注文いただいたK様よりお礼のお手紙をいただきました。

K様、あたたかいお手紙ありがとうございます。
漁師さんの大変さ、自然相手の仕事の厳しさなどに思いを馳せながら綴られたお手紙に、思わず涙腺が緩んでしまいました。
もっとうれしかったのは、私の名前を呼んでいただいたこと。
律子様と書かれた書き出しは、日々メールや電話でお客様と接する私にとって、スタッフ冥利に尽きる喜びです。うれしいです!

さて、私もK様と同じく、年末は香箱ガニと格闘しておりました。
シンクには12杯も買い込んだ香箱ガニ。

koubako350x240_04

ムスメ2と一緒に黙々と身を出すのに手を動かし続けました。
とても一人では無理でした、ムスメ2が手伝ってくれて助かりました。
koubako350x240_16

そのかいあって人生初めての香箱ガニごはんを作りました。

koubako350x240_05

koubako350x240_06

koubako350x240_07

koubako350x240_08

koubako350x240_10

いつかお寿司屋さんでこのように甲羅に盛られて出された香箱ガニ。
初めて挑戦しました。
香箱ガニは小さいので、脚肉を出すのに苦労しました。

koubako350x350_5

koubako350x240_12

koubako350x240_13

koubako350x240_14

準備からできあがるまでに二時間はかかりましたよ。
食べ物をこしらえるって大変な作業です。

じっくりありがたみをかみしめながらいただきました。
koubako350x240_15

内子のおいしさといったら、濃くて甘くてとっても美味。しあわせいっぱいの香箱ガニごはんでした。

香箱ガニは、乱獲保護のために年内で漁が終了したので、今年の11月まで口にすることができません。
今年の冬もぜひ食べたい味、香箱ガニです。

今年も能登の風土が育んだ本物の力と心の宿った食べ物を、お届けしてまいります。

今年の11月までおあずけ香箱ガニ

いかの塩辛取り違え事件?

食べてない人にも食べたかのように
いかの塩辛の味の違いを説明できることが目下の目標R子です。
ブログランキング押してくれるともりもり元気が出ます!
↓↓↓


またやってしまいました!いかの塩辛の取り違え。
先日大阪の旅行会社から、Fのさかな通販で扱っている
垣内さんのいかの塩辛を10個取り置きしてほしいとの電話がありました。
http://notoshop.jp/SHOP/098.html
何でも、5日後に団体ツアーで輪島へ行くので、以前食べたいかの塩辛
しかも垣内さんのを買って帰りたい。指名買いです!
以前は売り切れていたので、
今度は取り置きしてもらい絶対買って帰りたいとのこと。
Fのさかな通販は、このように購入者と生産者をつなぐ
役目も担っています。
電話で何度も味を確認し、麹が入っていたとの弁も引き出し
いかの白づくりに違いないとの確証を得て。。。
垣内さんに取り置きの電話を入れて、一安心。
夕方、ツーリストの添乗員さんに確認の電話を入れると
やけにテンションが低い
も、もしかして。。。。
なんと、今度も取り違え、
味を説明するのって難しいし、ツーリストさんも
やりとりの中で、麹入っていた!色白い!まろやか!
など、白づくりと思える発言あり
私も全国回りいろいろないかの塩辛を食べているので
はっきりと味を覚えていなかった、すみません、と。
全国的にいかの塩辛といえば、内臓を一緒に漬け込んだものを
指すことが多いようです。能登ではこれを赤づくりと呼びます。
一方、能登でいかの塩辛といえば麹で漬け込んだいかの麹漬けを指します。
能登では白づくりと呼んでいます。
つまり能登にはいかの塩辛は2種類存在するということ。
どちらもいかの塩辛でありながら、似て非なるもの。
好みははっきり分かれます。
食べ比べて、お好みの味を見つけてください。
ちなみに、私は能登で言う「いかの塩辛」のほうが好きです。
http://notoshop.jp/SHOP/073.html
麹の風味でまろやか、ゆずも入ってさわやかな味わい。
以上、いかの塩辛失敗談1段でした。チャンチャン

のとマリンフェスタでマリンな2日め

おはようございます、R子です、
↓↓↓

Fのさかなは今日ものとマリンフェスタに参加します。
9:00~15:00まで、七尾市中島いやしの湯そばの広場で
開催しています。

今日も大勢のみなさんとお会いできること楽しみに
張り切っていきます!
昨日は里海ポストカードを多くの方にお買い上げいただきました。
能登の里海の風景を5枚組にしたポストカードです。
「Fのさかないつも楽しみにしているよ」という方が
多くてうれしかったです。
店番の合間に、今日は水上オートバイに乗ります!
1回100円です。
スリル満点だそう、楽しみ☆
お近くの方、来てね!
一緒に楽しみましょう。

能登限定イカの塩辛情報!

突然ですが、イカの塩辛は好きですか?
能登のお買い物帖スタッフのR子は大好きです。
ブログランキング押してくれるともりもり元気が出ます!
↓↓↓

今までイカの塩辛なんて、辛くて生臭くて決して食べようと
しなかったあなたにこそ食べてほしい。
kakiuchi_sihiokara350x240_02
麹で仕込んだ能登のイカの塩辛はまろやかで、
プリプリ、シコシコ
能登では、糀を使ったまろやかないかの塩辛があります。
それが、白づくり。
能登では、いかの塩辛といえば、この糀入りの塩辛を指します。
柚子も入って、さわやかな風味。
もう生臭いなんて言わせません(笑)
塩分控えめ、まろやかで麹の甘みも感じられる絶妙な味。
あつあつご飯によくあいます。
垣内さんのいかの麹漬け(いかの白づくり)3個セット
垣内さんのいかの麹漬け(いかの白づくり)5個セット
柚子が入っているいかの塩辛なんて珍しいでしょ
さわやかな柚子の香りで一層おいしく。麹の中にほんのり香る柚子の香りがさわやか~~

森川仁右ヱ門商店さんの干しくちこづくりは

こんばんは。能登のお買い物帖担当のR子です。
みなさまの応援のおかげでがんばっています。読む前にポチッとお願い

森川仁右ヱ門商店さんの干しくちこづくりは、3月いっぱいまで続きます。
すべて手作業で、時間のかかる仕事です。
メール便で送れる干しくちこ 新もの入荷しています!
森川仁右ヱ門商店さんの干しくちこ
kutiko350x350_06

甘エビは甘くない?

能登の冬は海が時化て、荒れ模様。
でも、こんな荒れ模様の海からは、
ホッコクアカエビというおいしい甘エビが水揚げされています。
■甘エビは甘くない?
このタイトルに??と思われる方も多いでしょう。
実は、とれたての甘エビは甘いどころか、コリコリしています。
皮はむきにくく、味は甘くありません。
では、甘エビの甘さはどこからくるのでしょうか。
ホッコクアカエビは、水揚げされると消化酵素の働きで身を分解し、
それによって身の中にうまみの素であるアミノ酸が増え
あの甘エビの甘さになるのです。
能登のお買い物帖では、
生きたままお届けする「コリコリの甘エビ」と、
「甘くとろける食べ頃甘エビ」の2種類を取り扱っています。
お好みでチョイスしてください。
■能登の海から生きたままお届け!活甘エビ(15匹入・1匹約15g)
↓↓↓
http://notoshop.jp/SHOP/059.html
酵素パックで生きたままお届けするから、
届いたときにはまだ生きています。
東京のレストランのシェフでさえ、感嘆の声を上げるという鮮度抜群、
生きた甘エビ。届いたその日はコリコリの食感を楽しんで。
翌日は、甘みが出て一日目とはまた違う味わい。
■甘くとろける能登の甘エビ!たっぷり入った30匹入!(30匹入・1匹約15g)
↓↓↓
http://notoshop.jp/SHOP/094.html
甘いんです!本当に。とろけんるんです。
その名のとおり甘くてとろける食感です。
届いた頃には、ちょうど食べ頃。
頭をはずしてそのまま生でお召し上がりください。
プリプリの身がふんわりとろけて、口いっぱいに甘味が広がります。
たっぷり30匹入っています。
ちなみに、スタッフR子は、うまみが回った
http://notoshop.jp/SHOP/094.html
が好きです~~
わかりにくいことがありましたら
お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ。
月~金 8:30~17:30
TEL:0767-53-2443 
Fのさかな「能登のお買い物帖」 R子
ランキングに参加しています!よろしければ応援してくださいね↓↓↓

テレビに出ました!山田屋さんの天然能登寒ぶり

いつもお世話になっている山田屋さんが、
2013年12月28日(土)08:00~11:45 テレビ朝日 
朝だ!生です旅サラダ 『年末スペシャル』 で紹介されました。
紹介されたのは、「天然能登寒ぶり味噌漬け」

大きさにびっくり!
脂のりにびっくり!
↓↓↓
http://noto-yamadaya.com/umaifuyu#能登の寒鰤

山田屋さん、年末から新年にかけて
電話が鳴りやまないほどの忙しさだったそうです。

旬の天然能登寒ぶりを使ったぶりの味噌漬け。
七尾で水揚げされた10キロ級の天然のぶりを、3枚におろし切り身に。
これを地場味噌に漬け込み3日間ねかせたら完成。
脂ののった寒ぶりのうまみが地場味噌の風味と相まって、
香ばしく食の進む逸品です。
Fのさかな本舗でも取り扱いさせていただいております。
まだまだ、旬です
↓↓↓
天然能登寒ぶり味噌漬け3人前
                   
Fのさかな本舗 担当:こしだ

ランキングに参加しています!よろしければ応援してくださいね↓↓↓

Fのさかなだより NO.10 2013.12.17

————————————–
Fのさかなだより NO.10 2013.12.17
Fのさかな 【能登のお買い物帖】
————————————–
こんにちは。
Fのさかな能登のお買い物帖スタッフのR子です。
本日はメルマガ形式でお届けします。
鉛色の空が低く垂れこめ、起こしの雷が轟き、
能登はすっかり冬模様です。
そんな冬に心があったかくなるニュースを。
(輪島担当本誌N氏の記事より)
かにの本場、輪島では、なんとカニが学校給食のメニュー
に登場しました!
地産地消、食材の豊かさに感謝、地元ならではの企画です。
↓↓↓
http://fsakana.blog106.fc2.com/blog-entry-456.html
生徒たち、みんなおいしそうに食べていますね~
でも、一番喜んでいるのは先生たちかもしれません。
子どものときから、このように本物の食べ物を食べて
育つ子どもたちは、しあわせだと思います。
今回、給食で出されたのは、香箱かに。
ズワイガニのメスを、能登では香箱かにと呼びます。
オスに比べて身は小さいのですが、外子(そとこ)と呼ばれる卵と、
内子(うちこ)と呼ばれるカニ味噌が濃厚で、
地元の人は、実はカニといえば香箱かにというくらい好みます。
●能登のお買い物帖で扱っている加能ガニですが、
↓↓↓
これは、大きいサイズ
http://notoshop.jp/SHOP/092.html
日本海能登沖は、このところ時化(しけ)が続き漁に出ることが
ままならず、年内は、12/22頃の発送が最後になりそうです。
年末になると、価格が高騰しますので、
加能ガニに関しては、年末12/22の発送分までとさせていただきます。
ゆでて送ることもできますよ。
ご希望の方は、12/20までにお申し込みくださいね。
↓↓↓
これは小さいサイズ、でも身がぎっしり詰まっていて
贈り物にも遜色ありません
http://notoshop.jp/SHOP/070.html
真夜中に沖合まで出て、明け方までカニを引き、翌朝帰港します。
場合によっては、2~3日沖合に出たまま漁を続ける場合もあるそうです。
漁師さんって大変なお仕事ですね。
●さて、天然能登寒ぶりも、旬を迎えました。
8キロ級の脂ののったぶりが入荷しています。
↓↓↓
http://notoshop.jp/SHOP/043.html
正真正銘能登沖で獲れた天然ぶりを自家製味噌に漬け込んだ、
ちょっとない大きさととろける脂のりの、ぶり味噌漬けです。
魚屋さんを取材してきました。
burimiso350x240_02s
8キロ級のブリを手際よくさばく魚屋さんのおにいさん
能登で水揚げされたものだけを目利きして仕入れています。
脂のりは大きい程よいのですが、大きいだけではありません。
おなかのふくらみ具合や、全体の様子などをしっかり観察しながら、
本当においしいものだけを仕入れていますと、話してくれました。
お歳暮に、ご自宅用にいかがでしょうか。
2切れ入りもあります
↓↓↓
http://notoshop.jp/SHOP/039.html
能登のお買い物帖は、年内28日まで営業しております。
年始は、1/6から営業します。
今年も一年お引き立てにあずかり、ありがとうございました。
来る年がみなさまにとって、幸多き年となりますように。
Fのさかな「能登のお買い物帖」 スタッフ一同
最後までお読みいただき、ありがとうございます
●————————————————●
「Fのさかな」
さかな文化を能登から発信するフリーマガジン
フリーペーパーの頂点に☆アルノアワード
2011年大賞&コンテンツクオリティ賞最優秀賞
2012年 コンテンツクオリティ賞優秀賞

Fのさかな 最新号 36号


能登の素材を能登の技で、
まごころこめて手作りした商品を産地直送します。
「能登のお買い物帖」 http://notoshop.jp/
石川印刷株式会社/能登カルチャークラブ
http://ishikawap.com
〒926-0021  石川県七尾市本府中町ヲ部-8-2
TEL:0767-53-2443 FAX:0767-53-2547
能登カルチャークラブブログ
http://fsakana.blog106.fc2.com/
●————————————————●

能登のお買い物帖、リニューアルオープン!

能登のお買い物帖をリニューアルいたしました!
文字も大きく、画像も見やすくなった新しい能登のお買い物帖をぜひのぞいてみてください。
文字を大きくしたのは、決して私的な事情からではございません。。。
「最近、PCの画面が見づらくて。。。」(R子陰の声)
贈り物に人気の海ごりの佃煮ですが、今季の取り扱いは終了いたしました。
来年度は5月までお待ちくださいませ。
能登のお買い物帖 担当R子

新米発売!

新米の季節ですね。
稲刈りの様子を見に行ってきました。
今年は猛暑が続き、水の管理は大変だったけど
苦労のかいあって「出来は上々やわいね」
と秀雄さんの日焼けした笑顔がこぼれました。

ミルキークイーンは、こしひかりをベースに品種改良されたお米で、こしひかりよりもおいしいと好評です。
粒は小粒で、乳白色に濁っていることから、ミルキークイーンという名前がつけられました。炊くとつやがよく、冷めてもかたくなりくにい。
小粒でもちもちした食感が、なんとも言えずおいしく、粒感が際立った食べ応えのあるおいしいお米です。
今なら、おためしメール便でお届けしていますので、お口に合うかどうか試してからのご注文も承ります。
おためしメール便はこちらから
                              能登のお買い物帖 担当 R子