ノドグロを取り巻く昨今の魚事情

スタッフこしだです。
毎日、能登のすばらしい食材に巡り合えこんな幸せな仕事はありません。
ブログランキング押してくれるともりもり元気が出ます!
↓↓↓

全米オープンテニスで準優勝した錦織選手が
帰国後の記者会見で、
「和食が好き、ノドグロを食べたい」と発言して、
のどぐろに注目が集まっているとか。
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/CK2014091402000176.html
http://news.ameba.jp/20120129-319/
のどぐろといえば、幻の高級魚として食通の間では知られていますが、
一体どんな魚?

島根の浜田港が有名ですが、北陸でも水揚げされます。
能登ののどぐろは、
朝市で有名な能登半島の沖合い50キロに
位置する舳倉島周辺で獲れます。

地元の競りにかけられることは少なく、
朝市のおばちゃんも買えないくらい、船から料亭などに直行します。

人気のあるさかななので、行き先が決まっていて
市場になかなか出回らない幻の高級魚といわれる所以です。
「なんでこんなに高いの?たかが一夜干し一枚が2,500円!!」
のどぐろ一夜干し

以前、お客様から電話で、
食の高級志向、ブランド志向
何かが間違っているような気がします。
とのご意見がありました。

確かにわからないでもありません。
でも、高いのには理由があるんです。
水深200メートル以上の深いところまで網をおろし、
深夜から夜明けまで力いっぱい網を引く。

雨の夜もあります
風の日もあります
海は真っ暗です

仕事とはいえ、漁師さんは命がけです。
獲れる量が限られている上、
そのほとんどを料亭などが競り落とします。
市場には滅多に出回りません。

さらに10年ほど前から、テレビ番組で頻繁に取り上げられ、
ますます入手しにくくなったことで価格が上昇しました。
需要と供給のバランスと、情報化されたことで
のどぐろの価値が上がったのです。
深い海の底で暮らし、日の目を見なかったのどぐろも
ようやくスポットを浴びる日がやってきたのです。
のどぐろさんの地位向上おめでとうと言ってあげたい気持ちです。
漁師さんにも感謝。

そんなに高いなら、一度食べてみたい。
いえ、高いからこそ、食べてみたい。
ノドグロを食べずして、
ノドグロの一夜干しの味を語ることはできません。
そこで、私は、思い切って購入。

もちろん自費ですよ。
身銭を切らないと、味も芸も身に付きません。

じゅわ~、ほろっ、んまいっ!
おいしい~
こんがり焼いた身からはじゅわっ脂がはじけ
上品なうまみとコクが。
塩加減もちょうどよく、夢中でお箸を動かしました。
ごはんと一緒に食べるのもおすすめですが、
晩酌のお供にすると、超贅沢な酒の肴となります。
1枚に2500円出しただけの値打ちは十分にありました。

のどぐろ一夜干し

お客様からうれしいお手紙が届きました

こんにちは、スタッフのR子です。
関東から東北は雪の被害がひどいようです。
このブログを読んでくださっているみなさま
大丈夫でしたでしょうか。
どうぞお気をつけくださいませ。
昨年末、加能ガニを自宅用と贈り物にご注文
いただいたお客様より、お礼のお手紙が届きました。
koe_kanougani2014214
スタッフ皆様、加能ガニの漁師様
~抜粋~
箱をあけたときから香りがたち・・・(中略)・・・
何もつけずにそのままいただきました。
忘れられない味です。
・・・(中略)・・・
子どもたちとわいわい言いながら食べました。
思いがけない贅沢を味わいました。
・・・(中略)・・・
箱を開いて歓声をあげました。
もちろんすぐ、何もつけず家族三人一匹ずつ
おいしいおいしいと言いながら食べました。
あまりおいしかったので、カニ好きの妹にも送りました。
生のカニなどとても珍しいと喜ばれました。
今年はぜひメスをいただきたいと願っています。
この感動はみんなで共有です。ありがとうございました。
K様、このたびはお心のこもったお手紙をいただきまして、
ありがとうございます。
みなさんに喜んでいただいた様子がよく伝わってきます。
スタッフみなでうれしく拝読いたしました。
来季の香箱ガニの予約もいただきました。
寒さまっただ中ですが、
こんなお手紙をいただくとまた冬が来るのが待ち遠しい
気持ちになります。
本当にありがとうございます。
Fのさかなスタッフ一同
ランキングに参加しています!よろしければ応援してくださいね↓↓↓

『Fのさかな』バックナンバーのお申し込みありがとうございます!

読者の方からお電話をいただくのは、生の声や反応を聞ける機会、
とてもうれしいことです!
世はいかにネット時代といえども、生の声に勝る反応はありません。
声の調子ややりとりの中で交わす間合いや会話から
お客様の望んでいらっしゃることが垣間見えたり
思わぬヒントをいただいたりと、
視野を広げるチャンスをいただいています。
わざわざお電話をかけてくださるお客様、この場をお借りして
お礼申し上げます。
「お電話いただき、ありがとうございます」
最近よくいただくお電話は、バックナンバーのお問い合わせ。
毎月、『Fのさかな』が届くのを楽しみに待っているという声をお聞きして
ありがたいと思うと同時に
持っていないバックナンバーをお取り寄せしていただき
心からありがたく思います。
『Fのさかな26号 サワラ』は、4月18日発行しました。
『Fのさかな』は、日本人が昔から馴染んできた魚文化と伝統食、
能登の暮らしや人を伝える冊子(基本フリーペーパー)です。
読んでみたい、興味のある方は、
Fのさかな
電話:0767-53-2443 石川印刷 Fのさかな編集室まで

編集部宛にお菓子が届きました!

届いたお菓子

編集部宛に荷物が届きました。中を開けると挨拶状も無く、お菓子だけしかなく不審がっていたら、今回のプレゼント当選者の富山県S様だと判明!!!
すぐさまお礼状を書き、中身はみんなでいただきました!(^^)!
ありがとうございます。ここまで応援していただけて光栄です。
今後も応援よろしくお願いいたします。

編集部宛に応援グッズが届きました!



能登出身の読者・K氏より、励ましのお手紙と一緒に川中美幸さんのサインとプリントTシャツ、あばれ祭りのビデオを頂きました。これからも応援よろしくお願いします!ありがとうございました。
編集部一同

お便りボックス

「Fのさかな」のご意見ご感想、魚に関する思い出話、魚のオイシイ話、能登に関することなどコメントより書き込みください。ここで書き込まれたお便りを本誌で使う場合があります。あらかじめご了承ください。
のとカル掲示板
足跡もどうぞ