2016年度を振り返って

Fのさかなは、昨年暮れ(2015年.12月)、
「日本タウン誌・フリーペーパー大賞2015」で観光庁長官賞を受賞
しました。

観光庁長官賞を受賞の反響

2016年度は、この栄えある賞をいただいたことで
テレビやラジオ、新聞、業界紙など
たくさんのメディアで取り上げていただきました。

また、読者みなさまからの反響も以前にも増して増えてきました。

「Fのさかなを読んで、念願だった能登に旅行しました」

「石川県に旅行して食べたお魚のおいしさが忘れられずにお刺身を
 注文しました」

などのお声を、お手紙やお電話でいただきます。

Fのさかなは、石川県能登をPRし、能登に人を呼び込む媒体として
お役に立てるよう、新しい年もがんばってまいります。

東京で能登のまつり

10月25日
東京 日本橋・京橋まつりに参加の為

23日 夜
能登からバス2台 70名で応援に出発

24日 9:00
京橋に到着 キリコの組立開始

画像
画像

NHKの朝の連絡テレビ小説 まれに
登場した 不退転 キリコが完成

画像
画像

25日 12:30 イベントの開催
その前にも 現場 大盛り

画像
画像
画像
画像

ご観衆ありがとうございました。

画像
画像
画像
画像

船酔いしたけど、迫力の漁体験!

10月13日、Fのさかな次号の取材で鹿渡島定置の漁船に
乗船させていただいた。
漁船に乗るなんて初めての体験。
前日は9時に就寝、酔い止めも用意した。

2時50分出港、15分ほどで沖に着いた。
さぁ、撮るで~ 気力(だけは)十分にカメラを取り出す。

船からロープを繰り出して、網起こしの作業をする様子を撮影、、、
のはずが、
10分もすると、足元がふわふわしてくる。
何これ?もしかして、浮遊感は全身に及び、
そのうち立っていられなくなった。
「横になって休んどけ」年輩の漁師さんが気遣ってくれる。

IMG_2040

胃袋が体から飛び出すほどの嗚咽感にさいなまれる。
波がぐわ~ん、ぐわ~んと叫びながら押し寄せる。

朦朧とした意識の中で見た光景は、
水揚げしたばかりの魚を船の上で神経締めする漁師さん、
網を手繰り寄せながら、力をあわせ魚槽に魚を入れる姿。
どよめく船上は、大漁だったようだ。

相棒のT氏はさすが、普段から鍛えているだけあって、
シャッターを切り続けていたのでした。

漁の現場をこの目で見て、自然相手の仕事の厳しさと、
漁師さんが目を輝かせて働く姿に、心を打たれました。

陸に上がってからも、言いようのない高揚感と放心状態は半日以上続きました。
Fのさかな33号の能登百選「定置網」をお楽しみに。

能登祭り・・・ヨバレの文化。

輪島・高洲太鼓メンバーの地域での

秋まつり

メンバーでお邪魔しました

画像

能登の田舎では…ヨバレ

手作りのオードブル

画像

片道 1時間もかけて 運んだ お刺身

画像

皆んなで 楽しく いただきましたわ

画像
画像
画像
画像

ご馳走さまでした。

「まれ」放送最終日

9月26日

NHKの朝の連ドラ まれ…放送最終日に

輪島で 塩山誠司さんを囲んで

「まれびと輪島会」で 祝賀会を開催

画像
画像

塩山さんの同級生らも集まり
楽しい…宴

画像
画像
画像
画像
画像

にわか…がんじさん.ふみさんも登場

画像

田舎のローカルな秋祭り

9月23日

田舎の秋祭り 輪島市・重蔵神社境内では

今年で 66回の迎える

重蔵神社太鼓打ち競技大会が行われました。

画像

午前中の 中学生まで子供大会に
輪島高洲太鼓も6組が出場

結果は…2回戦で敗退

画像
画像
画像
画像

夕方からの 大人大会で 66代の大関が
決まりました。

画像
画像

今年は、七尾からの西湊・鬼楽太鼓さん

画像