中能登の美味なる水が醸し出す自然に杯を傾けてしまう直球の日本酒
池月吟醸 みなもにうかぶ月

酒造りのほとんどの工程は手作りで行われ、総生産量わずか300石の小さな蔵元、鳥屋酒造。小さいからこそできる飾らず嘘の無い酒造りで、地元はもとより、遠方からも幅広く愛され続けている蔵元です。
銘柄の池月とは、源頼朝の愛馬で能登島産の名馬の名前であり、酒蔵のますますの飛躍を期して付けられました。最高海抜225メートルの眉丈山系が縦走しているこの地の水が醸し出す味は、繊細ですっきりとした切れ味の良い酒に仕上がるといいます。
この吟醸酒も軽快でキレのある味。ほんのり山吹色で、柔らかな舌触りとかすかな甘みのある軽い口あたりは、自然に何度も杯を傾けてしまいます。なめらかでサラリとした後味の、直球の日本酒です。

■お問い合わせ
石川県鹿島郡中能登町一青ケ部96 鳥屋酒造株式会社
TEL0767-76-0013 FAX.0767-76-1139

Fのさかな10号掲載