甘エビは甘くない?

能登の冬は海が時化て、荒れ模様。
でも、こんな荒れ模様の海からは、
ホッコクアカエビというおいしい甘エビが水揚げされています。
■甘エビは甘くない?
このタイトルに??と思われる方も多いでしょう。
実は、とれたての甘エビは甘いどころか、コリコリしています。
皮はむきにくく、味は甘くありません。
では、甘エビの甘さはどこからくるのでしょうか。
ホッコクアカエビは、水揚げされると消化酵素の働きで身を分解し、
それによって身の中にうまみの素であるアミノ酸が増え
あの甘エビの甘さになるのです。
能登のお買い物帖では、
生きたままお届けする「コリコリの甘エビ」と、
「甘くとろける食べ頃甘エビ」の2種類を取り扱っています。
お好みでチョイスしてください。
■能登の海から生きたままお届け!活甘エビ(15匹入・1匹約15g)
↓↓↓
http://notoshop.jp/SHOP/059.html
酵素パックで生きたままお届けするから、
届いたときにはまだ生きています。
東京のレストランのシェフでさえ、感嘆の声を上げるという鮮度抜群、
生きた甘エビ。届いたその日はコリコリの食感を楽しんで。
翌日は、甘みが出て一日目とはまた違う味わい。
■甘くとろける能登の甘エビ!たっぷり入った30匹入!(30匹入・1匹約15g)
↓↓↓
http://notoshop.jp/SHOP/094.html
甘いんです!本当に。とろけんるんです。
その名のとおり甘くてとろける食感です。
届いた頃には、ちょうど食べ頃。
頭をはずしてそのまま生でお召し上がりください。
プリプリの身がふんわりとろけて、口いっぱいに甘味が広がります。
たっぷり30匹入っています。
ちなみに、スタッフR子は、うまみが回った
http://notoshop.jp/SHOP/094.html
が好きです~~
わかりにくいことがありましたら
お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ。
月~金 8:30~17:30
TEL:0767-53-2443 
Fのさかな「能登のお買い物帖」 R子
ランキングに参加しています!よろしければ応援してくださいね↓↓↓