人生初のあわびのまるかぶりを体験してきました@輪島あわび祭り
その場でゆでてもらって丸かぶり。
エキスが濃くて脳天どっかーん!
恍惚の境地に誘われました。


見てください、この若い海女さんたちを!
うれしいことに、海女さんの平均年齢は下がっているらしい。

海女獲れあわびは、海女さんが素潜り(酸素タンクなどをつけずに
自分の呼吸だけで潜ること)で獲ったあわびです。
潮の流れの早いスポットで獲れるあわびは、
身がしまっていてコリコリとした歯ごたえがあります。
餌がいいから味もいい。ツノ(肝臓)も生臭さはまったくなく、苦みがおいしい。
海女さんは自分の肺活量だけで、一回で一分ほど潜って探してくる。
心臓が強く、息が長く、視力が良いのが海女の条件。
 深く潜れば潜るほど、水圧が増し水温も下がる。さまざまな障害要因は、
小さい頃から経験を重ねることでクリアしている。
それでも「深いところは若いもんに任せる」。

会場はあわびや海の幸を焼いて楽しむ人で熱気ムンムン。
どの顔も幸せそう、おいしいものを食べると、人は幸せになる。