年々増える海外からのお客様。
京都の金閣寺や奈良の大仏といったメジャーな観光地だけでなく、
日本最大の市場築地市場などでもすれ違いざまに、
韓国語や中国語が耳に入ってきます。

石川県の金沢21世紀美術館は、
外国人観光客に大変人気のスポットのひとつ。
平日でも外国人の姿をよく目にします。

日本語で書かれた情報を母国語で読めたら便利なのに、
こんな声にお応えしてFのさかなでは、
日本語、英語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語の
最大5言語に対応したデジタルブックを展開しました。

●PC版はインストールなしで読めます
http://www.catapoke.com/viewer/?open=65e65

モバイル端末での閲覧には、
お使いのOSに対応したカタログポケットアプリのインストールが必要です。

●アップルはこちらからアプリをインストール
https://itunes.apple.com/jp/app/katapoke/id756097145?mt=8

●アンドロイドはこちらからアプリをインストール
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.morisawa.mccatalog&hl=ja

今、お使いの端末の言語に対応しています。
海外からのお客様、ぜひご利用くださいませ。

●ひとことPR
石川印刷㈱社長がインタビューを受けました
http://www.mccatalog.jp/case/case02.html