活き甘エビの取材に行ってきました。

水槽の中に、篭漁で水揚げされた甘エビが生きた状態で保管されています。
活き甘エビ

活きのよいものは透き通っています。
ヒゲがピンと張った甘エビは手にとると、体をエビのように(エビですから!)くねらせます。活きが良すぎて頭がなかなかとれません。ヒゲをピンピン動かして生きているのにかわいそうだけど、これも命をいただく修行と心を鬼にして力を込めて頭を引っ張ります。抵抗されたけど、頭が外れました。
初めて食べました!活き甘エビ。まさに踊り食い!透き通る身はコリコリ、ぷりぷり。甘エビでこの食感は初めてです。
何もつけずにそのままで。海の味がいっぱいに広がって感動ものでした。

活き甘エビ

能登の海から生きたままお届け、活き甘エビはこちら
http://notoshop.jp/SHOP/059.html