シーサイドでマリアージュ?

今日は本業の石川印刷として、和倉温泉あえの風さんで行われているブライダルイベントに来ています!
fc2blog_201402091054250ecs

七尾湾に面しているので、ロビーからも海が望めます。
例年に比べて今日は比較的いいお天気ですね!fc2blog_201402091057023f9s

イベントは本日の17時まで行われているので、もしお時間がありましたらお立ち寄りください。
お待ちしております!
能登カルWEB班 トトコ

○○だけど○○じゃない?ニョロニョロかわいいお魚

めっきり冷えてきましたね。
この時期になると、常にヒーターを入れている水槽では、水温の方が室温より高い事が多くなります。
そんな時、水槽に触れるとじんわり温かくて、なんだかホッとしたり。
季節の変わり目は人間だけでなく、魚も調子を落としやすいのですが、今のところみんな元気です。
特に以前このブログで紹介したウーパールーパー達は、元気いっぱい。
fc2blog_20131127175848dbd.jpg
エサもよく食べるので少し大きくなってきたようです。
そして新入りの、アミメウナギ。
fc2blog_20131127182616154s
名前にウナギとついていますが、ウナギの仲間ではありません。
下の写真のような、ポリプテルスという古代魚の仲間です。
fc2blog_20131127182842a95s
ポリプテルスの仲間は、遠目にはすごく強そうなのに、顔はなんだが間抜けな感じで、しかもよく懐くのでとても可愛いです。
fc2blog_20131127183713735s
水槽を覗いていると、胸ビレをパタパタさせながら寄ってきて、エサをねだったり。
言葉は通じないけれど、それなりに意思表示をしてくれるお魚達に毎日癒されています。
トトコ

視点をカエル

最近のガチャガチャは精巧ですね。
ちょうどいいところに本物がいたので、思わず並べて撮ってみました。

うーん、そっくり。
“かえる”と言えば、普段は横からしか見ない水槽ですが、たまに違う角度から覗いてみると、なんだか新鮮な気持ちになります。
例えば、この水槽。

上から見るとこんな感じです。

視点を変えるのって、面白いですね。
トトコ

お魚じゃない水中の生き物

実はお魚だけでなく両生類も飼っています。

本名はメキシコサラマンダーとい言いますが、ウーパールーパーという名前の方が有名かもしれませんね。
かつて大流行したというウーパールーパー。ちょっと前にもまたCMに出ていました。

白い体に黒い目がクリクリした種類が有名ですが、実はこんなマーブル模様の子や、真っ黒な子もいます。
そして、あまり知られてないかもしれませんが、結構大きく育ちます。
以前飼っていた子は、20センチをゆうに超えていました。大きくなるスピードにまたびっくりさせられました。
買って来た時には7cmくらいだったのに、3ヶ月後には倍位の大きさに…
そして顔もなんだかごつくなりました。

家族にも怪獣みたいと言われましたが、基本的にのんびりした生き物なので行動が可愛いですよ。

こんなポーズや、足を上げたままのポーズで固まっていたり。
慣れれば手から餌も食べるんですよ。

今いるチビ達も早く大きくならないかな。
トトコ

お客さんとお引越し

家の周りで時々見かけるお客さん達。
BVDiRZ2CYAAoh2n.jpg
▲つぶらな瞳のカエルさん。
BU2L6wyCYAMspxh.jpg
▲ガラスにぺったりヤモリさん。
どっちもかわいいです。
最近お魚の引越しをしました。
BQ6KAI5CUAAeX9d.jpg
▲もとの60センチ水槽から、
815209374.jpg
▲少し大きい90センチ水槽へ。
広々のんびり過ごしてくれると良いな。
?ちょっとCM?
大好きな生き物達とはいつも一緒に居たいです。
なので・・・
770028255.jpg
家の子達の写真を使ってスマフォカバーを印刷しちゃいました!
なかなかの出来でしょ?
オリジナルスマフォカバーのご用命は石川印刷まで!
能登カルWEB班 トトコ

大きなエビさん


まるでザリガニのような大きなエビさん、お魚が襲われるんじゃないの?と思いますよね。
このエビ、大きなハサミがありません。広げているブラシのようなものでプランクトンなどの餌をキャッチし食べています。なので、体は大きいけれど、お魚を食べないのです。
名前はロックシュリンプ。大きく分けて、アジア原産のものとアフリカ原産のものがいますが、この子はアジアです。
真っ赤で綺麗でしょ?でもアフリカ原産の子は綺麗な青色になるそうです。
赤と青なんて、反対のような色になるのはなぜなんでしょうね?
不思議です。
トトコ

スガタカタチいろいろ

美しい色彩にも心踊りますが、いろいろな形も楽しいです。
ほんの一部ですがご紹介。

細長いファロエラアクスさん。

菱形のような体つきのエンゼルフィッシュさん。

骨が丸見え?グラスキャットさん。
どうしてこんな容姿になったんでしょうね?
自然の神秘です。
トトコ

たまごとおすし


涼しくなってきてからメダカが卵を持つようになりました。
真夏の間は暑すぎたのかな?
先日、回転寿しへ行きました。
もちろん、石川県民なので回ってる皿は取りません(笑)
少し変わったネタがありましたよ。

秋の味覚、マツタケです!
回転寿しは時々面白いネタがありますね。
トトコ

のとじま水族館の『夜の水族館』に行ってきました!

9月14日土曜日、のとじま水族館のいつもと違った面を見れるイベント『夜の水族館』に行ってきました!
14日と21日のみの限定イベントで、消灯後の水族館内をライト片手に回れます。

ダルマオコゼとタカアシガニ、すごい迫力です。
ライトは水族館で用意してくれます。
眠っているお魚をあまり刺激しないように赤いライトです。

砂に潜るお魚達。

クマノミ達は隅っこで固まっていました。

空を泳ぐイルカ。
私が行ったのは日が沈む前だったので、うっすら夕焼け色です。
20時からは、夜のイルカショーもありました。こちらは新聞にも載ってましたね。
残念ながら、ラッコ館は生態保護のため閉館していました。

なかなか写真には撮りづらいですが、キンメやマツカサウオの発光も見ものです。暗闇にキラキラと、まるで星のようでした。

蛍光色に光るサンゴも綺麗でした。

ジンベエザメ館・青の世界は、館内照明はほぼ消えますが、水槽の照明は控え目ながらついたままなので、あまり暗くはなかったです。
それにしても大きい…

二匹のジンベエザメが悠々と泳いでいました。
この他、イベント当日限定で、普段は島内の別の場所でしか販売していない、能登島バーガーの出張販売などもありました。
時間がなくて食べれませんでしたが…

どことなくぼんやりしたお魚たち、かわいいです。
夜行性のお魚は、昼間には見れないイキイキとした表情でした。

大きな口を開けたウツボはちょっと怖いですね。
イベントは今週末、22日土曜日にも行われます!
16:30からは夜間営業となり、入場料が1000円(大人一人)になります。夜の水族館だけ楽しみたい方は、16:30以降入館がオススメですね。さらに浴衣を着て行くと500円になるそうですよ!
※詳しくはのとじま水族館公式ページ
秋の夜長、虫の声をBGMにイルカショーなんていかがですか?
WEB班 トトコ

脱皮


真っ赤なボディに真っ白な靴下を履いたようなエビさん。
名前はそのものズバリ、ホワイトソックス。
時々こうして脱皮し、徐々に大きくなっていきます。
大きくならなくていいから、私も脱皮したいなぁ…
トトコ