出ました!Fのさかな5言語対応デジタルブック

年々増える海外からのお客様。
京都の金閣寺や奈良の大仏といったメジャーな観光地だけでなく、
日本最大の市場築地市場などでもすれ違いざまに、
韓国語や中国語が耳に入ってきます。

石川県の金沢21世紀美術館は、
外国人観光客に大変人気のスポットのひとつ。
平日でも外国人の姿をよく目にします。

日本語で書かれた情報を母国語で読めたら便利なのに、
こんな声にお応えしてFのさかなでは、
日本語、英語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語の
最大5言語に対応したデジタルブックを展開しました。

●PC版はインストールなしで読めます
http://www.catapoke.com/viewer/?open=65e65

モバイル端末での閲覧には、
お使いのOSに対応したカタログポケットアプリのインストールが必要です。

●アップルはこちらからアプリをインストール
https://itunes.apple.com/jp/app/katapoke/id756097145?mt=8

●アンドロイドはこちらからアプリをインストール
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.morisawa.mccatalog&hl=ja

今、お使いの端末の言語に対応しています。
海外からのお客様、ぜひご利用くださいませ。

●ひとことPR
石川印刷㈱社長がインタビューを受けました
http://www.mccatalog.jp/case/case02.html

命をかけていのちを獲る、海女さん天然能登岩牡蠣

岩牡蠣の荷捌き作業を取材してきました。
働いているのは、みな現役の海女さん。

P1070875

若い海女さんも大勢いて、活気にあふれています。
能登の女性の働き者の様子を肌で感じます。
みな、黙々と真剣に、ときどきおしゃべりもしながら
手を休めず、手に持った感覚で瞬時に重さを選り分けていきます。

すべて彼女たちが素潜り(酸素タンクなどをつけずに自分の呼吸だけで潜ること)で獲った岩牡蠣です。
すばらしいです。命をかけて、命を獲る。
こうやって食べ物は私たちの元に届けられるのですね。

P1070870

紫外線で殺菌した水に24時間漬けて滅菌してから出荷します。
出荷日から7日間、生食が可能です。
P1070884
P1070880

天然能登岩牡蠣は、4/21に漁が解禁になりました。
中でも、「珠姫」は、500g以上で殻の長さが18cm以上のビッグサイズ。
検体検査にも合格し、全国へ出荷と言いたいところですが
数が限られているため、そのほとんどが首都圏のレストランなどに出荷されていきます。

海女採天然能登岩牡蠣

分け合いの習慣@能登

能登ではたくさんとれた野菜を分け合う習慣があります。
NHK連続テレビ小説『まれ』にも、そんなシーンが登場しますね。

仕事から帰ってくると玄関先に
夏ならトマトやナス、冬は大根や白菜など
畑からとったばかりの野菜を、母が置いてくれています。

この季節には、たけのこ
しかもアク抜きしてすぐに使えるようにして置いておいてくれることもしばしばです。
本当にありがたいことです。

ときどき、さかなや「なまこ」なんかもわけてもらいます。
ネコちゃんに狙われるので、そういうときは電話がかかってきて
もらいに行きます。

11110449_960812753929356_3841058511896925005_n

週末に畑にて一週間分の野菜をまとめて調達
家の前の畑へ、掃除が終わったらいざ、
と思っていてふと外を見たら
縁側にネギが届けられていました。

お心遣い、いつもありがとうございます。

※フェイスブックにアップしたところ“リアルまれ”とコメントをいただきました。
 https://www.facebook.com/fsakana.noto.jp?ref=hl

能登かがり火

「能登かがり火」。
何と旅情を誘う名前でしょう。幽玄で幻想的な異世界に誘われるような響きです。薪能や祭りの火が赤々と燃える光景が、瞼の裏に浮かぶよう。旅への期待と高揚感をかきたてられます。演歌の常套句である「漁火」でないところがよい、と思います。

これまで大阪から能登半島和倉温泉まで、サンダーバード一本で乗り換えなしで来ることができました。先日の北陸新幹線金沢開業に伴い、ダイヤが改正されました。直通のサンダーバードは1本となり、金沢で特急に乗り換えます。その列車名が上記。

JR西日本のWEBサイトによると、「能登各地には、キリコ祭りに代表される「火」や「灯り」を連想させる夏祭りがたくさんあります。このような「火」と結びついた幻想的な能登の風景、かがり火の燃え盛る勢いをイメージしてつけた名称です。」と説明されています。

http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/10/page_6267.html

金沢~和倉温泉間、一日5往復、大阪方面からのサンダーバードとの接続も良く、乗り換えの不便はそれほど感じないはず。

私は、鉄オタではないのですが、能登かがり火、このセンスあふれる列車名を耳にしたときから、無性に乗りたいモードに入っています。旅の人になって(装って)能登かがり火に乗ります。

辰巳芳子さん特集2/28(土)本日 NHK Eテレ 22:00~スイッチインタビュー

2/28(土)本日午後10時より NHK Eテレの番組 「スイッチインタビュー」 で「Fのさかな」のコラムでシリーズ掲載している料理研究家で随筆家の辰巳芳子さんが出演されます。

食は命の根源、丁寧に食と命き合う姿に多くの共感者を 持つ辰巳さん。90歳を超えてなお現役、その生き方とは。。。

2/28(土)NHK Eテレ 22:00~スイッチインタビュー

 

応援ありがとうございます。

こんばんは、スタッフこしだです。

がっちりマンデー!!見ました、という問い合わせやバックナンバーの取り寄せ、新規会員入会の電話が朝から鳴りやまず、反響の大きさに驚いています。

感動した!さかなで地域おこしってすばらしい、などあたたかいコメント多数お寄せいただき、本当にうれしく涙が出ます。応対に追われて、十分なお返事ができませんが、全国のみなさま、テレビを見てくださった方、応援の言葉をいただいたお客様、がっちりマンデー!!制作スタッフのみなさま、心よりお礼申し上げます。ありがとうございます。

発送作業は順次行っていきますので、今しばらくお待ちくださいませ。

FのさかながTV番組に出ます、2/15TBS系がっちりマンデー!!

TBS系列(全国放送)で毎週日曜あさ7時30分から放送されている「がっちりマンデー!!」で「Fのさかな」が取り上げられます。
そんなに「がっちり」儲かっているわけでもない「Fのさかな」になぜ取材?

いつもは取材する側の「Fのさかな」編集部が今回は逆。
取材されて照れる編集部の素顔がのぞけます。

2月15日 (日)TBSをキー局に全国放映されます。
北陸では、MRO北陸放送 AM7:30~8:00。
みなさまのところは、どのチャンネルでしょうか。

お見逃しなく!日曜日は早起して「がっちりマンデー!!」を見よう!

P1070636

1/28(水)がっちりマンデー!!の取材班が、石川印刷株式会社Fのさかなにやってきました。

がっちりマンデー!!は、「応援!日本経済」と題して、有名どころから町工場まで、さまざまな企業の創意工夫や経済、お金についての情報をわかりやすく伝える番組です。

チームFのさかなのシャイな面面は普段表に出るのがあまり得意ではないのですが、今日はそうも言ってられません。

がっちりマンデー!!の腕章をつけたカメラマンとディレクターさんは、まず印刷工場から取材開始

P1070630

取材陣に取り囲まれる多屋チーフ
P1070640

意外と取材慣れ(?)した中橋事業部長
P1070652

いつもは、誌面の文字でしか伝わらない人柄も、ばっちりカメラに撮られましたのでチームFのさかなの素顔が伝わる番組になっていると
思います。私たち編集スタッフも楽しみです。

*******************************
2月15日 (日)AM7:30~8:00
TBS系列で全国放送
「がっちりマンデー!!」
*******************************

お見逃しなく!

一足早く乗ってきました!北陸新幹線

おはようございます。こしだです。

昨日の2/11(祝)石川印刷㈱として招待され北陸新幹線試乗会に行ってきました!

すでに受付には長蛇の列。

s-P1070678

s-P1070680

試乗券と引換に、受け付けで乗車パスが配られました。

s-P1070675

s-P1070687

s-P1070730

金沢駅は開業に向けて最終段階に入った模様。シートで被われた改札機などという珍しい光景に、コーンが残された開業前の空気感が満載。こんな光景は二度と見られないだろう。鉄オタでなくともわくわく。

s-P1070691

s-P1070688

金沢駅のホームに新幹線が入ってきた。
アイボリーの車体に銅色とブルーのライン、ポスターなどでは何度も目にしていたが、実際に見るととってもクールな男前。北陸の風土にしっくりなじんでいる。

s-P1070711

W2と文字が見えるが、ん?W7系ではなかったんだろうか?W2とは?ここ後で調べます。

期待を胸にいよいよ車内へ。窓際を陣取って、いざ出発。
s-P1070701

足元は広々、ほらこんなに余裕があります。ゆったり足も伸ばせるし、スーツケースを持ち込んでもゆとりがありそうです。
s-P1070700

「ただいま最高速度の260kmで走行中です」のアナウンスが入る。体感的にはさほど高速感は感じられず、揺れも少なく安定した乗り心地。これも技術の粋を集めた開発の賜物なのだろう。

上越妙高に到着。50分で新潟まで来た。早い~
s-P1070713

私が乗ったのは5号車、JRのおにいさんにプラカードをお借りして、記念撮影。

s-P1070714

車窓には立山連峰が望めました。

s-P1070717

グランクラスは一生無理かもしれないが、窓越しに覗いたグリーン車に次は乗ってみたい(希望)。内装もシックで高級感があった。

気になる料金は、
東京~金沢
・普通車指定席 14,120円
・グリーン車:18,750円
・グランクラス(飛行機でいうファーストクラス、お食事、飲み物、アメニティー付き)26,970円

初めて東海道新幹線ひかりに乗ってから40年以上の年月が流れ、新幹線は夢を運ぶ乗り物。金沢から東京が2時間30分で、夢のような時代がやってきました。

ありえへんほど贅沢な金沢おでん

こんにちは、スタッフ越田です。

一度食べてみたかった金沢おでん。

金沢、笠舞にあるつぼみに、先日行ってきました。

おでん つぼみ

郊外にある人気店で、若い人や親子連れで店内は満席。
おでんと言えば、おじさんが日本酒ちびちびというイメージがあるが、ここはファミレスのように明るく健康的な雰囲気。

S-P1070530

金沢おでんの何が魅力かって、それはかに面。
香箱ガニの中に脚肉と身、内子とかにみそがぎっしり詰まっている。
これこれ、一度これを食べたかったのだ。

s_P1070517

おでんに香箱ガニが入っているなんて、金沢ならではの贅沢。

カニはそのままでもおいしいがおでんの具にもよく合う。

S_P1070536

うす味で、素材の持ち味が生きている。
だしはうす味だが、しっかりだしの味がする。

金沢らしい具のひとつ車麩も、みんなで分けっこして食べました。

たらふく食べて飲んで、サイドメニューもいっぱい頼んで、
一人前5000円。

あ~ごちそうさまでした。