ノドグロを取り巻く昨今の魚事情

スタッフこしだです。
毎日、能登のすばらしい食材に巡り合えこんな幸せな仕事はありません。
ブログランキング押してくれるともりもり元気が出ます!
↓↓↓

全米オープンテニスで準優勝した錦織選手が
帰国後の記者会見で、
「和食が好き、ノドグロを食べたい」と発言して、
のどぐろに注目が集まっているとか。
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/CK2014091402000176.html
http://news.ameba.jp/20120129-319/
のどぐろといえば、幻の高級魚として食通の間では知られていますが、
一体どんな魚?

島根の浜田港が有名ですが、北陸でも水揚げされます。
能登ののどぐろは、
朝市で有名な能登半島の沖合い50キロに
位置する舳倉島周辺で獲れます。

地元の競りにかけられることは少なく、
朝市のおばちゃんも買えないくらい、船から料亭などに直行します。

人気のあるさかななので、行き先が決まっていて
市場になかなか出回らない幻の高級魚といわれる所以です。
「なんでこんなに高いの?たかが一夜干し一枚が2,500円!!」
のどぐろ一夜干し

以前、お客様から電話で、
食の高級志向、ブランド志向
何かが間違っているような気がします。
とのご意見がありました。

確かにわからないでもありません。
でも、高いのには理由があるんです。
水深200メートル以上の深いところまで網をおろし、
深夜から夜明けまで力いっぱい網を引く。

雨の夜もあります
風の日もあります
海は真っ暗です

仕事とはいえ、漁師さんは命がけです。
獲れる量が限られている上、
そのほとんどを料亭などが競り落とします。
市場には滅多に出回りません。

さらに10年ほど前から、テレビ番組で頻繁に取り上げられ、
ますます入手しにくくなったことで価格が上昇しました。
需要と供給のバランスと、情報化されたことで
のどぐろの価値が上がったのです。
深い海の底で暮らし、日の目を見なかったのどぐろも
ようやくスポットを浴びる日がやってきたのです。
のどぐろさんの地位向上おめでとうと言ってあげたい気持ちです。
漁師さんにも感謝。

そんなに高いなら、一度食べてみたい。
いえ、高いからこそ、食べてみたい。
ノドグロを食べずして、
ノドグロの一夜干しの味を語ることはできません。
そこで、私は、思い切って購入。

もちろん自費ですよ。
身銭を切らないと、味も芸も身に付きません。

じゅわ~、ほろっ、んまいっ!
おいしい~
こんがり焼いた身からはじゅわっ脂がはじけ
上品なうまみとコクが。
塩加減もちょうどよく、夢中でお箸を動かしました。
ごはんと一緒に食べるのもおすすめですが、
晩酌のお供にすると、超贅沢な酒の肴となります。
1枚に2500円出しただけの値打ちは十分にありました。

のどぐろ一夜干し

夜の水族館に行ってきました

みなさん、おさかなは好きですか?
スタッフR子は、食べるおさかなはもちろん見るお魚も好きです。
ブログランキング押してくれるともりもり元気が出ます!
↓↓↓

のとじま水族館の夜の水族館に行ってきました。
http://www.notoaqua.jp/night
水槽の中を気持ちよさそうに泳ぐおさかなたち。
ブリにタイ、イワシ、私の大好きなスズキさんもゆらゆら泳いでいます。
「スズキのおさしみって弾力があってすごくおいしいよ!大好き」
気がつくと、食べる目で見ている私。
「お母さん、うちは純粋に生き物としての魚を見にきたから、そんな食べること言わんといて」と娘。
夜のイルカショーも、昼間と違ってムードがありました。
暗い海をバックに芸を披露したイルカもかわいかった。

でも、それ以上に、私の心をとらえたのは、ふぐ。
じっとしていて動きません。
私が近づくと口を開けて何やら話しかけてきます。
か、かわいい♪かわいすぎる~~
ずっと見ていたい~~
水槽の前に張り付いていたら、娘が
「お母さん、独り占めしたらあかんで。他の人が待ってるやろ」
と注意され、
後ろ髪引かれながら退散。。。。
今度は、存分にふぐを見るために一人で行きます。
夜の水族館は、9/20(土)が、今季最終です。
イルカ水槽もブルーの光でライトアップされ、
昼間とは一味違ったムード。
今週末は、のとじま水族館へGO!

いかの塩辛取り違え事件?

食べてない人にも食べたかのように
いかの塩辛の味の違いを説明できることが目下の目標R子です。
ブログランキング押してくれるともりもり元気が出ます!
↓↓↓


またやってしまいました!いかの塩辛の取り違え。
先日大阪の旅行会社から、Fのさかな通販で扱っている
垣内さんのいかの塩辛を10個取り置きしてほしいとの電話がありました。
http://notoshop.jp/SHOP/098.html
何でも、5日後に団体ツアーで輪島へ行くので、以前食べたいかの塩辛
しかも垣内さんのを買って帰りたい。指名買いです!
以前は売り切れていたので、
今度は取り置きしてもらい絶対買って帰りたいとのこと。
Fのさかな通販は、このように購入者と生産者をつなぐ
役目も担っています。
電話で何度も味を確認し、麹が入っていたとの弁も引き出し
いかの白づくりに違いないとの確証を得て。。。
垣内さんに取り置きの電話を入れて、一安心。
夕方、ツーリストの添乗員さんに確認の電話を入れると
やけにテンションが低い
も、もしかして。。。。
なんと、今度も取り違え、
味を説明するのって難しいし、ツーリストさんも
やりとりの中で、麹入っていた!色白い!まろやか!
など、白づくりと思える発言あり
私も全国回りいろいろないかの塩辛を食べているので
はっきりと味を覚えていなかった、すみません、と。
全国的にいかの塩辛といえば、内臓を一緒に漬け込んだものを
指すことが多いようです。能登ではこれを赤づくりと呼びます。
一方、能登でいかの塩辛といえば麹で漬け込んだいかの麹漬けを指します。
能登では白づくりと呼んでいます。
つまり能登にはいかの塩辛は2種類存在するということ。
どちらもいかの塩辛でありながら、似て非なるもの。
好みははっきり分かれます。
食べ比べて、お好みの味を見つけてください。
ちなみに、私は能登で言う「いかの塩辛」のほうが好きです。
http://notoshop.jp/SHOP/073.html
麹の風味でまろやか、ゆずも入ってさわやかな味わい。
以上、いかの塩辛失敗談1段でした。チャンチャン

産直コペル(農と暮らしの新たな視点を探る情報誌)差し上げます!

こんにちは、毎日がおさかな日和スタッフR子です。
ブログランキング押してくれるともりもり元気が出ます!
↓↓↓

少し前の話になりますが
農と暮らしの新たな視点を探る情報誌「産直コペル」に、
スタッフR子が寄稿しました。
目から鱗の魚の話「さかなを通じて豊かな時間をお届けしたい」
と題して、
能登の海産物のすばらしさや種類の多さ
水産業に携わる人たちの苦労や意気込みなど
Fのさかなの取材を通して見聞きしたことを
書きました。
WEB版でも読めます。
↓↓↓
http://www.j-sanchoku.net/index.php?f=&ci=10016&i=10351
●農と暮らしの新たな視点を探る情報誌「産直コペル」に
 興味のお持ちの方、
 R子の記事を冊子で読んでみたい方は(ここ声を大)
 
 電話:0767-53-2545 
 メール:notoshop@noto.jp
 フェイスブック:https://www.facebook.com/fsakana.noto.jp
のいずれかでお申し込みください。
先着5名様です。
--------------------–
産直コペル希望と書いて
お名前

住所
TEL
メールアドレス
を記入してお申し込みください
---------------
お待ちしていま~~~す。

名残の岩牡蠣

こんにちは、おさかな大好きスタッフR子です。
ブログランキング押してくれるともりもり元気が出ます!
↓↓↓

過ぎ行く夏を惜しみつつ、名残の岩牡蠣と洒落込んでみました。
まるで岩のようなごつごつした殻の中には、
ぷっくりと太った乳白色の身がつまっています。
その大きさたるや!一口には納まらないほど。
いただきまーす。何もつけずに、そのままで。
う~ん、クリーミーで潮の香りが口いっぱいに広がります。
夏の海の味にとろけます。
岩牡蠣_DSC0110
殻から取り出しやすいよう、
おっちゃんがふたの間にヘラを入れて、開けておいてくれました。
レモンまでつけてくれています。
私はレモンはつけずにいただきましたが。
岩牡蠣P1060534
旬の7月中旬には、500円で手に入りましたが、
名残の今は価格も倍に、1個1000円に値上がりしていました。
でも、この夏の食べ納めということで、
奮発しました。
お財布と相談し、1人1個と半分で我慢。
また来年まで。
岩牡蠣P1060540
のと里山海道 西山パーキング
http://www.emachi.co.jp/reviews/hw001652
他にもおさしみ盛り合わせや魚の調理(3枚おろし)なども
対応してくれます。
品揃えも市場のように魚種豊富。
金沢行きの際は、一度立ち寄ってみてください。
金沢行き(上り)で注文、能登行き(下り)で受け取り可能です。
西山パーキングTEL:0767-36-1238 8:00~19:00 
冬は営業時間短縮の場合あり

あわびのまるかぶり@輪島あわび祭り

こんにちは、スタッフR子です。
人生で初めてあわびのまるかぶりをしたR子です。
生きててよかった~人生最大の感動かも!うるうる。。。
1800円也。まだ食べたことのない人もここ押してね。
↓↓↓


うれしいことに、海女さんの平均年齢は下がっているらしい。
それが証拠に、見てください、この若い海女さんたちを!
7/20(日)輪島あわび祭りにて

海女獲れあわびは、海女さんが素潜り(酸素タンクなどをつけずに
自分の呼吸だけで潜ること)で獲ったあわびです。
潮の流れの早いスポットで獲れるあわびは、
身がしまっていてコリコリとした歯ごたえがあります。
餌がいいから味もいい。ツノ(肝臓)も生臭さはまったくなく、苦みがおいしい。
海女さんは自分の肺活量だけで、一回で一分ほど潜って探してくる。
心臓が強く、息が長く、視力が良いのが海女の条件。
 深く潜れば潜るほど、水圧が増し水温も下がる。さまざまな障害要因は、
小さい頃から経験を重ねることでクリアしている。
それでも「深いところは若いもんに任せる」。

会場はあわびや海の幸を焼いて楽しむ人で熱気ムンムン。
どの顔も幸せそう、おいしいものを食べると、人は幸せになる。



私はといえば、海女獲れあわびの長蛇の列にとても並べず、
県外産のあわび(福井産)を1800円で購入。
その場でゆでてもらって丸かぶり。あわびの丸かぶりなんて、
初めてのことで、とても贅沢。エキスが濃くて脳天どっかーん!
恍惚の境地に誘われました。

能登は珪藻土半島

こんにちは、スタッフR子です。
席替えとかあってばたばたしていました。
楽しみにしてくださっている方ごめんなさい。新しい席でもがんばるので押してくれるとうれしいです!
↓↓↓


予算がつかず中断した工事現場ではありません(笑)。
珪藻土の山肌です。
能登半島は、そのほとんどが珪藻土でできていると言われています。
太古の時代の植物プランクトンが化石となり、
数千万年かけて珪藻土の堆積岩となりました。
能登の珠洲にある軍艦島をご存じでしょうか。
軍艦の形をした珪藻土でできた島として有名です。
写真は能登町小木港にて。
こんなところで道路工事、海で行き止まりやん???と
一瞬足が止まりましたが、そうか~珪藻土やんか~って納得。

読者プレゼント発送いたしました。

こんにちは、スタッフR子です。
Fのさかな29号読者プレゼント厳正なる抽選の上、発送いたしました。
すぎ省水産提供「茶振りなまこ」5名様
虹と海提「虹と海宿泊30%割引券」を10名様
雪月花歌劇団のペア鑑賞券を5組10名様
にお送りいたしました。
当選された読者みなさまおめでとうございます。

ここ押していただけると次のプレゼントあげちゃうかも!
↓↓↓

漁業に使うガラス玉、その昔道具、今はインテリア用品に

懐かしさ漂う浮き玉、
漁業に関わる人でなくても一定の年齢以上の人は、
どこかで目にしたことがあるのではないでしょうか。
ガラス玉_DSC0034
魚網を浮かせるために使うもので、昔はガラスが主流でした。
今は、プラスチックのブイ(よく見るのがオレンジ)にとって代わられたので、
需要がなくなりました。
網の模様もいろいろあって、置物やインテリアとしても楽しめそうです。
居酒屋さんがインテリアとして買っていくケースが多いとか。
大きさもそこそこあって存在感十分なので、お店に置くと雰囲気出ますね!
2個で9000円と少しお値段は張りますが、と店員さんは話してくれました。
能登里山海道西山パーキングエリア上り線(金沢行き)にて
売りに出るのを待機しているガラス玉
能登里山海道西山パーキングエリア下り線(能登行き)にて
ガヤス_DSC0039
へ~っ!ナルホドと思った方は
ここ押してくれるともりもり元気が出ます!
↓↓↓

朽ちた船小屋

こんにちは、スタッフR子です。
能登町小木港にて、こんなおもしろい光景を見つけました。
P1050995.jpg
何度も板を貼り替えながら、修理しながら、
今も使われているのかな、この船小屋。
木造の船小屋を、トタン、プラスチックで補修してあるけど、
そのトタンも錆びている。
雨風も入ってきそうなほど、真ん中はぽっかり穴が開いている。
春の夕方、港に朽ちた船小屋ひとつ。
おもしろかったらぽちっとしてくれたらもりもり元気が出ます~!
↓↓↓