漁師の心意気が詰まった一箱

第一次産業の高齢化が懸念されていますが、平均年齢が30代前半と
いう頼もしい若い漁師集団、鹿渡島定置。
定置網発祥の地、能登の七尾の海で、定置網漁法を行っています。
早朝3時に漁に出て、5時に帰港し、選別して出荷。
魚の種類ごと、大きさごとに仕分け、この間黙々と作業に打ち込む。
漁師の背中が語ります。「男は黙って仕事だろ」。
仕分けが終わったら、重量を量り、氷を詰めてトラックに積み込む。
チームワークのよさで見事な連携プレーを見せてくれます。
鹿渡島定置は、能登で平均年齢が最も若い漁師の会社。
社長自ら、有望な人材を全国からスカウトしてきます。
東京や関東方面からも漁師志願の若者が能登にやってきて働いています。
第一次産業の高齢化が懸念されていますが、
鹿渡島定置のように若い力でがんばっている漁師の会社、頼もしい限りです。
この、漁師がつくる一夜干しセット 取り扱いを始めました。
さばいて開いて骨を抜き、塩をして、味をつけて、一夜干しに。
肉厚のイカは、食べ応えがあってむっちりした歯ごたえ。
さばのみりん干しや鮭の一夜干しは、素朴な味わい。
漁師の心意気が詰まった、漁師の一夜干しセット お味をみてくださいね。

やさいがもりもり食べられる!能登のいしる入り新ソース発売!

能登のお買い物帖より、春の新商品のお知らせです!
能登のいしる入り本格バーニャカウダソース「まあなるげんソース」が入荷しました!
今、大流行のバーニャカウダソースを能登のこだわり食材で作りました。
決め手は能登の伝統発酵調味料”いしる”。
能登島で人気のはいから食堂のシェフ石場さんが作る本格的なソースです。
野菜がまあなって(うまくなって→能登弁です)もりもり食べられます。
生野菜をスティック状にカットして、ディップのようにつけて召し上がってください。
もちろん温野菜にもおいしい。
野菜のちょっとおしゃれな食べ方です。
お子様のおやつにもヘルシーに野菜を!
送料お得なメール便でお届けします。
おためしくださいね!

新商品のお知らせ

能登のお買い物帖より新商品のお知らせです。
さわら2種類の味食べ比べセット+ふぐの塩麹漬け
能登半島沖で獲れた脂ののった春先のさわらを自家製味噌で漬け込みました。
自家製味噌は酒粕入りでほんのり酒粕の香りが楽しめます。
さわらの塩麹漬けも、自家製塩麹に漬け込みました。
そして、ふぐの塩麹漬けもついて、食べ応えのあるセットになりました。
老舗の鮮魚店、川端鮮魚さんの商品です。
能登のお買い物帖オリジナル商品として開発していただきました。
4~6月の期間限定商品です。どうぞご利用くださいませ。

漁師の朝ごはん

早朝3時起きして、漁港に取材に行ってきました!漁師さんたちは、3時に出港、5時前に帰港してきました。イワシが大漁で、大・中・小・少小と4つの大きさに黙々と仕分けする漁師さんたち。第一次産業の高齢化が懸念されていますが、鹿渡島定置は、平均年齢がナント33歳という若さ!茶髪・イケメン漁師さんもたくさんいます。「男は黙って仕事だろ」風に寡黙に仕事する海の男たち、かっこいいです。

写真は、漁師のまかない朝ごはん。毎日、漁が終わった後、全員でつくって全員で食べるそうです。お箸でつかめないほど、プリプリで弾力のあるお刺身、魚のだしがたっぷり出たおみそ汁。いかの子どもの醤油づけ。どれも、さっきまで海で泳いでいたさかなたち。いうことなしの鮮度で、感激にふるえながらいただきました。市場出荷できない魚を朝ごはんにするそうです。ごちそうさまでした。
漁師さんの作った一夜干しと海草セットを、近日取り扱い開始します。
お楽しみに!

産直サミットに出店します

2/22(金)、「能登のお買い物帖」は長野県で開催される産直サミットに参加します。長野県はじめ、県外のお客様や生産者の方々とお会いできることを楽しみにしています。能登の産品の出張販売を行います。能登の里海から新鮮なさかなをどっさり持っていきます。会場で大勢の方とお会いできることを楽しみにしています。

吸い付く吸盤

アオリイカです。おいしいから食べろー食べろーと、あおっているように思えます。

3ハイをおさしみにしてもらいました。
炊きたての新米の上にのせて青しそとわざびを添え、おしょうゆをかけていただきます。
ゲソ(足)は軽く塩をしてグリルで焼きます。
足の吸盤が私の指先に吸い付いてきます。これは、鮮度がよい証拠なんですよ。
初めはびっくりしますが、生きている命をいただくとは、こういうことです。
鮮度のよい証拠。新鮮なので、塩焼きにしてもぷりぷり感があります。
近々、能登のお買い物帖で取り扱いする予定です。

新米出ます!実りの秋

実りの秋がやってきました。
今年は残暑が厳しく、今日も日中は真夏並み、
空には、もくもくの入道雲。
暑さのおかげで今年は稲刈りが例年より早めです。

頭をもたげ、穂を垂れた稲穂。
一粒ひとつぶにお米がつまっています。
sP1020244.jpg
稲刈りも機械化の時代。
刈り取りは機械でも、このあとたくさんの手作業が待っているのです。
刈り取られた稲は、
能登のお買い物帖

秀雄さんのこしひかり新米

になります。
お米なんてどこでも同じと思っていませんか?
丁寧な乾燥と精米で、秀雄さんのこしひかり新米は、どこにも負けません。
今なら、ぜったいにおいしいからぜひ試してね価格 で販売しています。
ぴかぴか つやつやの新米のお申込みお待ちしています~
sP1020256.jpg