イベント情報

のとのイベント
6/25~6/30から開催のイベント情報です!
○大祓式
境内に5色の紙に巻いた茅の輪をつるし、無病息災を祈ってこれをくぐり厄災を免れる儀式を行います。
【開催日】6/30
【開催場所】羽咋市
気多大社
※詳しくは能登一ノ宮 気多大社まで
継続して開催中のイベント情報です!
○さざえまつり(まいもんまつり夏の陣)
穴水湾で獲れた「サザエ」をテーマに、町内加盟店がフルコースや自慢の単品料理を提供します。
【開催期間】6/15~7/15
【開催場所】穴水町
穴水まいもんまつり加盟店
※詳しくは穴水まいもんまつり実行委員会(穴水町)まで

Fのさかな4号できました



全国のさかなファン、会員の皆様、大変お待たせして申し訳ありません。
Fのさかな4号が完成いたしました!!!!!
今回の表紙を飾るのは「イカ」。
今まで魚だったので、なんだか新鮮です。
現在、発送作業中でございます。
会員の方は、もうしばらくお待ちください。
会員でない方は、なるべく早めに配布先へ行ってくださいね。
ネットからも会員登録できます(PC版Fのさかな公式HPへ)
新しいキャンペーンも始めましたので、そちらもよろしくお願いします。(詳しくは、誌面にて)
能登カルWEB班 波男

能登ワインの取材に行って来ました!



能登ワインが眠る樽!
ここで能登ブドウ100%の生ワインが熟成され
深い味わいと香りが生まれます。
話してくださったのはN部長さん。
ブドウ畑の土作りから始まり完成に至るまでの数工程には、作業者の地道な努力や思い入れ、
熱意が込められていて、本当に大事に育てて(作って)いるんだなぁーと感じました。
こんなに丹精込めて作られたワインが美味しくないわけがない!!
現に売り切れの銘柄があり、今年の新酒の完成を待ちわびる人もいるほど。
今回は市場に出ない、おすすめのワインをお買い物帖でご協力戴きました。
そのワインをお土産にワクワクしながら帰社したことは言うまでもありません。
Fのさかな5号に限定販売で登場しますのでご期待ください!
ワイン工場周辺は狐がヒョコヒョコ横切ったりする、豊かな自然が残るのどかな所なんです。
春は菜の花畑、夏はひまわり、秋はコスモス畑などブドウ畑とは違う風景も楽しめます。
お弁当持参で遊びに行くのもおすすめです!
能登カルチャークラブ あられ

Fのさかなって何?

能登カルチャークラブが発行するおさかなマガジンです。
季刊、年4回発行。魚と能登情報満載。
Fの意味は、能登半島の地形をあらわすFです。
ほかにフィッシュのF、フレッシュのF、フードのF、ファミリーのF、いろんな意味が込められています。


石川県七尾市
能登カルチャークラブ
FのさかなWEB(PC版公式ホームページ)

少し遅れた曳山まつり

IMG_0013.jpg
IMG_0002.jpg IMG_0005.jpg

本来なら4月4・5・6日に、2つの町内で行われる春の輪島の風物詩。今年は3月25日の能登半島地震の影響で、6月16日の河井地区にある重蔵神社の曳山まつりが行われ、元気な輪島をアピールしようと6月9日にも鳳至地区の住吉神社の曳山まつりも開催された。
能登カルチャークラブ N

能登島大橋


能登島大橋 七尾市
七尾の和倉と能登島をつなぐ橋。 1982年4月3日開通、1050m。能登島には、のとじま臨海公園水族館、能登島ガラス美術館、釣り場、多数の民宿があります。
能登カルWEB班 サンゴ

素敵なご夫婦

屏風2屏風1
輪島市へ取材に行った際、山河工房営んでいる中野さんご夫婦に出逢いました。夫が蒔絵師、妻が表具師という仲良しご夫婦です。旦那さんは気さくでとても優しい感じの方で、奥さんは明るくて笑顔がとっても素敵な方です。
 そこで私は、今まで見たことのないような屏風を見せていただきました。繊細で優美な絵に私はしばらくみとれてしまいました。この屏風は玄関においても良し、お部屋のオブジェにしても良し。でも少しもったいないかな?
 みなさんぜひ輪島へ訪れた時には山河工房を訪ね素敵な屏風と素敵な中野ご夫婦に会われてみてはいかがでしょう!!
能登カルWEB班 すず

沖縄紀行3

生っ粋の北陸人、WEB班サンゴの初沖縄旅日記。
その3「美ら海水族館」

沖縄自動車道車窓より
嘉手納のカンバン!基地があるところだ。でも通過。那覇空港に降りた時点で戦闘機が並んでいたからここも演習場があるのだろう。周りは林でまったく見えなかった。
いよいよ美ら海水族館へ。

南国の黄色いフグ
フグはなかなか愛嬌がありかわいい。黄色くて福をよぶ縁起物だ。ぷかぷか泳いでいた。かわいいサカナは癒される。

水の色が南国
ハデな魚や全然うごかない巨大魚、無気味な色の魚などバラエティ豊か。ファインディングニモでお馴染みのカクレクマノミもいた。日本海側では見ることのできない貴重な種類が見れて楽しかった。

ジンベエザメがいる超巨大水槽
残念ながらジンベエは写っていません。それよりも人の多さにビックリ。熱気がすごかった。沖縄に行ったら一度は必ず行くべき観光スポット!また行きたいです。
沖縄紀行1
沖縄紀行2
沖縄紀行3
能登カルWEB班 サンゴ