アマダイ

地方によって異なるアマダイの呼び名

アマダイには各地でいろいろな呼び名があります。京都や福井ではグジ、大阪や福岡、長崎県の壱岐ではクズナ、静岡ではオキツダイ、山陰地方ではコビリまたはコビル、愛媛ではスナゴなど。
グジはアマダイの地方名の中でも最も有名でしょう。前述したように、アマダイは古くはクズナと呼ばれていましたが、そのクズナがいつしかクツと縮めて呼ばれるようになり、やがてグジへと変化したと言われています。
グジと言えば、福井県の若狭湾で水揚げされる「若狭グジ」は全国的にも知られるブランド魚ですし、京料理では欠くことが出来ない素材です。サバ街道を通って京の都へと運ばれたアマダイは、「若狭もの」と呼ばれて昔から珍重されてきました。
また、地方には現在でも古い言葉が残されていることがありますが、壱岐などで呼ばれるクズナはその典型と言えるでしょう。
コビリ(コビル)は、アマダイが他の「タイ」がつく魚に比べて小さいことから来た呼び名だと言われています。なので、ひょっとしたら「小振り」が訛ってコビリになったのかもしれません。
愛媛での呼び名スナゴは、アマダイが砂に潜る習性から「砂子」と呼ばれたのでしょうか。
中国では、その角張った頭の形から「馬頭(マータウ)」と呼ばれるようです。アマダイの中でもシロアマダイは白っぽい体の色から「シラカワ」と呼ばれることもあります。

徳川家康とアマダイ

アマダイは静岡ではオキツダイと呼ばれます。この呼び名には様々な由来が伝えられています。 最も有名なのは、興津局(おきつのつぼね)と言う女性から来たと言うものです。
昔、徳川家康が静岡の駿府城に滞在していた時、その興津局が生干ししたアマダイを献上したそうです。そのあまりの美味しさに喜んだ家康はアマダイを「興津鯛(おきつだい)」と名付け、功を労ったと伝えられています。
また、ある時、御膳に並べられたアマダイを見て、家康が興津局に「これ、興津、鯛か?」と訪ねたのが由来とも言われています。
他には、駿河湾の奥(奥・津=港から離れたところ)で獲られることから「奥津鯛」と呼ばれるようになったという説もあります。
そういえば、駿河湾で獲られるアマダイのウロコは富士山の形をしているとされ、武士の間では縁起物として珍重されたそうですが、実のところ、どこで獲られてもアマダイのウロコの形はみんな同じ。きっと武家の頭領である徳川家にあやかることで縁起を担いだのだと思われます。
ところで徳川家康といえば、「鯛の天ぷらによる食中毒で死んだ」というお話は有名です。
本当は天ぷらではなく南蛮漬けだったという話もありますが、それはさておき、この料理に使われた魚がアマダイだったと言われています。
実際には家康がその料理を食べてから亡くなるまでに3ヶ月も経っていますので、このお話は俗説でしかなく、本当の死因は胃がんではないかとされています。
おそらく為政者を笑うことで庶民は気晴らしをしていたのでしょう。

アダマイ
アマダイ


Fのさかな25号アマダイより