「家々の味」の取材に行って来ました~

家々の味
中能登町久江。
昔から親しまれるお料理や
祭事に登場するお料理を紹介していただきました。
写真はその一部。
雨女のワタクシ、やっぱりこの日も雨でした。
しかも大雨警報発令中…。
道閑事件で知られるこの地で暮らす
明るく心優しいお母さん達の
魅力ある味に迫ってみたいと思います。
ご期待ください!
能登カルチャークラブ あられ

能登ワインの取材に行って来ました!



能登ワインが眠る樽!
ここで能登ブドウ100%の生ワインが熟成され
深い味わいと香りが生まれます。
話してくださったのはN部長さん。
ブドウ畑の土作りから始まり完成に至るまでの数工程には、作業者の地道な努力や思い入れ、
熱意が込められていて、本当に大事に育てて(作って)いるんだなぁーと感じました。
こんなに丹精込めて作られたワインが美味しくないわけがない!!
現に売り切れの銘柄があり、今年の新酒の完成を待ちわびる人もいるほど。
今回は市場に出ない、おすすめのワインをお買い物帖でご協力戴きました。
そのワインをお土産にワクワクしながら帰社したことは言うまでもありません。
Fのさかな5号に限定販売で登場しますのでご期待ください!
ワイン工場周辺は狐がヒョコヒョコ横切ったりする、豊かな自然が残るのどかな所なんです。
春は菜の花畑、夏はひまわり、秋はコスモス畑などブドウ畑とは違う風景も楽しめます。
お弁当持参で遊びに行くのもおすすめです!
能登カルチャークラブ あられ

素敵なご夫婦

屏風2屏風1
輪島市へ取材に行った際、山河工房営んでいる中野さんご夫婦に出逢いました。夫が蒔絵師、妻が表具師という仲良しご夫婦です。旦那さんは気さくでとても優しい感じの方で、奥さんは明るくて笑顔がとっても素敵な方です。
 そこで私は、今まで見たことのないような屏風を見せていただきました。繊細で優美な絵に私はしばらくみとれてしまいました。この屏風は玄関においても良し、お部屋のオブジェにしても良し。でも少しもったいないかな?
 みなさんぜひ輪島へ訪れた時には山河工房を訪ね素敵な屏風と素敵な中野ご夫婦に会われてみてはいかがでしょう!!
能登カルWEB班 すず

沖縄紀行3

生っ粋の北陸人、WEB班サンゴの初沖縄旅日記。
その3「美ら海水族館」

沖縄自動車道車窓より
嘉手納のカンバン!基地があるところだ。でも通過。那覇空港に降りた時点で戦闘機が並んでいたからここも演習場があるのだろう。周りは林でまったく見えなかった。
いよいよ美ら海水族館へ。

南国の黄色いフグ
フグはなかなか愛嬌がありかわいい。黄色くて福をよぶ縁起物だ。ぷかぷか泳いでいた。かわいいサカナは癒される。

水の色が南国
ハデな魚や全然うごかない巨大魚、無気味な色の魚などバラエティ豊か。ファインディングニモでお馴染みのカクレクマノミもいた。日本海側では見ることのできない貴重な種類が見れて楽しかった。

ジンベエザメがいる超巨大水槽
残念ながらジンベエは写っていません。それよりも人の多さにビックリ。熱気がすごかった。沖縄に行ったら一度は必ず行くべき観光スポット!また行きたいです。
沖縄紀行1
沖縄紀行2
沖縄紀行3
能登カルWEB班 サンゴ

沖縄紀行2

沖縄の砂浜
撮影2006.11月 沖縄の砂浜
生っ粋の北陸人、WEB班サンゴの初沖縄旅日記。
その2「沖縄の海」
日程は二泊三日、曇りや雨が多かった。2日目は午前中から雨。ふったり止んだりいそがしい天気だった。晴れ間を見てホテルの近くのビーチへ行ってみる。海の色がなんともあざやか。エメラルドグリーンだ!キレイな貝殻も落ちていた。

砂浜のアップ
砂が星の砂のようにザラザラ大粒。透き通っている。砂でらくがきを描いたが怒られそうなので消した。ここは観賞用のビーチ。

途中撮影
いかにもな南国の木。レンタカーの運転はこの日はじめて。初日は助手席。窓をあけて走ると爽快だった。テンション↑。
次の目的地は美ら海(ちゅらうみ)水族館。ジンベイザメがいました。
沖縄紀行1
沖縄紀行2
沖縄紀行3
能登カルWEB班 サンゴ

沖縄紀行1


撮影2006.11月 沖縄の夕日
生っ粋の北陸人、WEB班サンゴの初沖縄旅日記。
飛行機は数えるほどしか乗っていないので小松空港から約2時間のフライトは長く感じた。
窓から見える海の景色は最高だ。海の色が全然違う!ワクワクしっぱなし!
11月でも沖縄は26℃もあり、飛行機のタラップを降りるとムァっという熱気が。南国に来たと実感。予約してあったレンタカーは真っ赤なスポーツワゴンタイプ。風土にボディの赤が映えていた。町中は紅イモ色やゴーヤのような緑の車がやけに多かった。北陸はシルバー率が高い。
知らない土地ではやはりナビが大活躍。レンガとヤシの木が雰囲気を出している。地元の人はTシャツだ!

まずは定番の首里城へ。そこのレストランでソーキソバ(沖縄風ラーメンのようなもの?)をはじめて食べた。薄味でおいしい(この後ビュッフェで毎朝食べることになる)。中庭にネコがたくさんいた。ノラにはうれしい気候だ。お腹を満たし首里城見学へ。赤い色が不気味だったがそのころ韓国ドラマのチャングムにハマっていたので違和感は無かった。そこのガジュマルの木が天然記念物に指定されていた。どこを撮っても絵になるなぁ。
次にギボまんじゅう(通称“の”まんじゅう)を買いに行ったが住宅街にあるらしくせまい路地をぐるぐるまわりなんとか電柱の看板にしたがい発見!正体は蒸かしたての巨大あんまんだ。人気で我々が買ったのが最後のようだった。ラッキー。
1日目のホテルは沖縄の中間あたりの東側にある所だった。沖縄の高速道路をつかって行った。初日からお土産売り場を物色!お土産を選ぶのは楽しい。露天風呂、サウナがあり疲れを癒した。
沖縄紀行1
沖縄紀行2
沖縄紀行3
能登カルWEB班 サンゴ

あの食材もお寿司に!


最近はお寿司にもいろんなネタがありますよね。私も先日見つけました!
個人的な用事で石川県某所の回転寿司へ行った時のこと。何気なくお品書きを見ていたら、そこには『フカヒレ握り』なるものが!
好奇心に負けて恐る恐る食べてみたら、烏賊とも違うツルツルっとした滑らかさと、ちょっとプチプチした感じの食感が今までに無い新鮮なお寿司でした。
皆さんも見かけたらぜひ試してみてください。
能登カルWEB班 トトコ